ハチナナハチハチ

サンジューがきみにやってくる。世代(87、88)きっかけウェブマガジン。あたりまえを、おもしろおかしく

Facebookフィードにこんな記事が流れ込んできました。思わずクリック。
ホームレスから「バケツ」を借りた学生がおこなったことに感動 | Amp.



こちらは記事に埋込まれた動画です。映像は「ドイツの学生たちが路上のホームレスからバケツを借り、バケツを楽器にしてストリートパフォーマンスを始め、そこでもらった投げ銭をホームレスに渡す」という活動紹介の内容となっています。

みなさんがどう感じるかはさて置き、映像を観終わったときの僕の感想は以下ツイートに。


そうです、思わずムッときちゃいました。ツイート通り、これは一方的だよなぁと感じたからです。「俺らイケてることやってるでしょ?」みたいな。もちろん、音楽は心地よくて素敵だと素直に感じましたし、それを聴く観衆も楽しそうです。ワクワクする時間がそこにあったことは事実なんでしょう。

ただ、自分のバケツを貸した瞬間からあれよあれよと仲間がきて、演奏がはじまり、観客が集まり出して、終わっていたときには受け取れとお金をもらっている。これホームレスの方はどう感じたんでしょうね。ぼくには「困惑」とか「恥」の表情が映像に写る彼から見てとれました。

あと、このホームレスの方に許可を取って映像にしてるのかも気になります。という全てを含めて、自分たちのクールさを伝えたいだけの横柄で自己中心的な映像にしか思えません。これは、偏屈でしょうか? ありがたくも、思っていたことをリプで知人がうまく言葉にしてくれてました。


という映像自体に対する「それどうなの?」って感覚を考慮して、もう一度この記事を読んでみてほしいです。

ホームレスから「バケツ」を借りた学生がおこなったことに感動 | Amp.
素晴らしいフォークソング。まさに、NO MUSIC, NO LIFE。

とか言ってますね。なんなんでしょう、この「良いこと言ってますよ〜」というドヤ感は......。
感動の裏側にある負の部分って見ようとしてるるのかなぁ、って。バズリそうなコンテンツを転載するだけで、それに対する注釈や考察がない。PVさえ集まればいいの? それってメディアの品位としてどうなんでしょうか。

他メディアではこの映像がどのように扱われているのか気になったので、ググってみました。

ホームレスからバケツを借りて、若者3人がやった行動とは? | 世界中の感動する話を集める、感動ニュースサイトの自分ニュース
早足で道行く人々。そんな生き急ぐ人たちに、ホームレスの存在を知ってもらう。改めて、その存在を考えてもらうために、彼らは「認識する」ことを歌っているのです。

【ちょっとイイ話】バケツから始まる小粋なサプライズ【動画】 | BuZZNews(バズニュース) 世界の話題をあなたに!
ぜひこちらの動画で彼らの素敵な歌声と演奏と、素晴らしい行動を受け止めてみてください

【動画】ホームレスから突然バケツをとりあげる3人の学生。その結末とは? | TABI LABO
もちろん、その音楽も素晴らしいのだが、ホームレスの存在を道行く人に知らしめたことに意義がある。彼らが伝えたかったのは「認識することの大切さ」なのだ。

更新順序としては「TABI LABO(7月28日)」→「zibun news(8月1日)」→「Amp.(8月2日?/更新日の記載がなく“何時間前”の更新で記載されているため)」→「BuZZ News(8月7日)」。

更新が早かったのもありますが、「TABI LABO」は映像に写るホームレスが俳優であったことを後日追記しています(気になっていた映像化までの経緯がここで読めた)。そのような“後追い”もあってか、投稿しっ放しになっている他メディアに比べるとリテラシーの高さを窺えます。やはり編集長の存在は大きいのでしょうか。

バイラルメディアと呼ばれるたぐいは、「泣ける」とか「感動する」とかタグを頻繁に使うんじゃないですか。アレをぼくなりに突詰めて考えると「人間をバカにしてんのか?(そんなに人の感情って単純じゃねぇぞ)」とぼくは思います。“伝えたい”よりも“儲けたい”が先んじているようにも見えますし。

もっとバイラルメディアに対するつっこみ(どこかに愛がなくちゃダメ)が増えたらいいのに、とここ数ヶ月はもやもやしていました。バイラルメディアの記事に対するつっこみを記事に上げまくる「カウンターメディア」の動きが出てきたらいいですね。

00
本文とはまったく関係ない、今日食べてうまかったトロトロ肉のソーキそば。

  Text, Photo
Twitter:@0mja
Facebook:Shogo Omija
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 師稼威志会
    • September 16, 2014 15:05
    • 3 Ampの後発組キュレーターです。

      今まで大変失礼いたしました。
      おっしゃる問題点に疑問を感じるようになる人も増え、最近では、しっかりとしたニュースや裏事情なども掲載されるようになり、独自の写真や情報も提供され始めています。
      内部でのカウンターメディア、既存のマスメディアに対するカウンターメディアの役割も担い始めていますので、もしよろしければ、改めてよろしくお願いいたします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック